庄原市東城の歯科治療なら生熊歯科へ

TOPPAGE 歯科医院 歯医者 庄原市東城

診療のご案内 歯科医院 歯医者 庄原市東城
審美歯科
かぶせ物・入れ歯
インプラント
訪問診療
歯のケガ・スポーツ歯学
生熊歯科 歯科医院 歯医者 庄原市東城
院長挨拶・スタッフ紹介
インフォメーション 歯科医院 歯医者 庄原市東城
医院概要・地図
予約バナー

医院情報 歯科医院 歯医者 庄原市東城

審美歯科 歯科医院 歯医者 庄原市東城
   審美歯科

HOME > 審美歯科

ホームホワイトニングがおすすめです!
 白くキレイな歯は、素敵な笑顔の源です。
 歯を白く、美しく保つための方法を『ホワイトニング』と言い、
 「オフィスホワイトニング(歯科医院で行う審美)」と
 「ホームホワイト(ご自宅で行う審美)」の2通りあります。

 生熊歯科では、ご自身で行っていただける
 ホームホワイトニングをオススメしています。

 ご自身で実行することに不安を感じられるかもしれませんが、
 歯科医の指導のもとで行われますから、ご安心ください。

 使用器材は、「ホワイトニング剤」と「カスタムメイドトレー」ですので、
 簡単ですが、ご自身の努力がキーポイントとなります。

ホームホワイトニングの流れ

1:ご相談
まずは「どの程度の白さにしたいか?」等ご相談ください。


2:インフォームド・コンセントへの同意
「ホワイトニング」に関するインフォームド・コンセントをお読みいただき、
十分に治療をご理解された上で受診するか否かをお決めいただいております。

また、内容に関するご質問がございましたら、
担当歯科医師・スタッフにお気軽にお尋ねください。


3:トレー作成
受診を決められましたら、歯の型をとり、トレーを作製いたします。


4:ホームホワイトニング開始
1週間以内には、トレーが出来上がります。
出来上がったトレーを用いて、ホームホワイトニングを開始していただきます。
ご自身でのホワイトニングですが、歯科医師が監督指導を
行わせていただきますのでご安心ください。


5:ご自身の判断で終了してください。
「歯をどの程度まで白くするか」の判断は、ご自身で決めていただけます。
約1ヶ月ほど続けられるのが良いでしょう。
効果に関して疑問等を感じられましたら、歯科医師にご相談ください。

ホームホワイトニング治療価格表

     種  類                内  容              価 格 (税別)

 1:ライトコース         上下前歯6本のホームホワイトニング        ¥20,000

 2:ホームコース        上下前歯12本のホームホワイトニング        ¥35,000

※ホワイトニングコースには、個人専用のカスタマイズトレーとホワイトニングジェル4週間分が
  含まれます。

※ライトコース・ホワイトニングジェル3本 ホームホワイトニング・ホワイトニングジェル5本

ホームホワイトニングに関するインフォームド・コンセント

どの程度白くなるの?
歯科医の指示にしたがって確実に実行していただければ、ホワイトニング完了後には「白く美しい歯」となり、笑顔がイメージアップでます。

ただ、残念なことに、現在の状態をご希望の「白さ」まで改善できるという保証はございません。
なぜかというと、生体にダメージを与えないよう、安全にホワイトニングをするには限界があるからです。

通常は良好な結果が得られますが、
どの程度改善が見込まれるかを完全に予測することは困難です。

変色の原因や程度・歯の質・ホワイトニングを実行する度合いなどの要素により、
個人差が大きいからです。

「歯がどこまで白くなるか?」という点に関しては、学術書や術前術後の症例写真をご自身の目で確認しながら、歯科医・スタッフと十分に話し合うことが必要です。

ホワイトニング開始前に認識していただきたいことは「人間の目は敏感に新しい色調を識別できますが、自分の目はその色調にすぐ慣れてしまう」ことです。

ご自分の歯を毎日見てることで、白さが改善されても、以前から変化していないよう錯覚しはじめます。もし効果に疑問を抱かれた場合は、歯科医の保存する治療開始前のデータや写真と比較することで、疑問は解消されるはずです。

治療期間は?
1日に1〜2時間トレーを装着します。毎日連続しなければ効果がないという治療ではありませんが、ご自身の生活ペースに合わせて、2日あるいは3日に一度は確実に実行する必要があります。

通常は5日間程度で、初期効果が確認できるようになり、
治療が完了するまでの期間は4〜6週間です。

トレー装着時間・回数が足りない場合は、期間を延長して効果を得るようにします。
また、ホワイトニングが困難な症例と診断されたケースでは、、予測した結果がなかなか得られない、あるいは白さがチョークのようになる場合がございます。

薬の安全性は?
効果を得るために、「過酸化水素水」あるいは「過酸化尿素」を含有したホワイトニング剤が使用されております。

米国食品医療薬品【US Food and Drug Adoministration(FDA)】は、両薬剤をホワイトニング用としてではありませんが、口腔内殺菌剤としての安全性を保証しています。ちなみに、「3%過酸化水素水」はオキシドールとして知られていますが、洗浄・殺菌に永年汎用されているのは、毒性や副作用がなく簡単に使用できるからです。

ホワイトニングが開始されて以来100年が経過し、現在実施されている治療法の経験者はすでに1,000万人を超えると推定されますが、歯科医が関与したホワイトニングに限定した場合、歯・歯肉・舌・頬粘膜・咽頭に重篤な障害を起した事例は報告されていません。

簡便な方法により、効果が得られ、しかも安全であるという経験を踏まえて、米国の統計では、90%の歯科医がホームホワイトニングを採用しています。

痛みや不快症状は?
ホームホワイトニングは、「無痛」「歯質を切除しない」「麻酔が不要」と三拍子揃い、それでいて状態が改善される理想的な治療法です。ただし、治療中の不快感は、少ないとはいえゼロにはなりません。

ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させますので、「すき間のある充填物」や「未治療のむし歯」を処置開始すると、その部分から薬剤が浸透して歯の神経がダメージを受ける場合があります。すでに知覚過敏の傾向がある場合も同様です。

完了後のメンテナンスは必要なの?
[ ホームケア ]
ご自身によるホームケアは、歯の白さを永続させるポイントです。
そのためには、ブラッシングを基本とする「正しいプラーク・コントロール」を励行する必要がありますので、歯科医や歯科衛生士の指導をお受けください。

そして再着色の原因となる、タバコ・コーヒー・ウーロン茶・ワインなど着色因子を含有する嗜好品を控えるほうが無難です。

[ タッチ・アップ ]
ホワイトニング効果は永続することが理想とも言えますが、現実には数々の要因が重なり、改善後の色調が変化します。
そこで、ホーム・ケア以外にも効果を長持ちさせるタッチ・アップが必要不可欠となります。

ホームホワイトニングのタッチ・アップとは、3〜4ヶ月ごとの定期健診の際に時々治療を反復して効果を維持する方法です。タッチアップでは、1本だけシリンジを新たに購入していただくことが多いです。

「これだけは守ってほしい」こと
予約した時間に必ずご来院ください。
定期的に歯・歯肉に異常がないか、進行状況はどの程度かをチェックします。

トレーの装着時間は、歯科医の指示を厳守してください。

薬剤は飲み込まないようにしてください。
押し出された薬剤を飲み込んでいると、咽頭に痛みを感じる場合がございますので、
吐き出すようにしてください。

トレーは清潔に保ってください。
トレーを使用したら、水洗・乾燥させてトレーケースに入れ、清潔に保管するよう心がけてください。

トレーを装着したままでの飲食は厳禁です。

変色歯治療ののBefore&After

変色歯治療のBefore
変色歯治療のBefore画像 変色歯治療を行う前です。

変色歯治療のAfter
変色歯治療のAfter画像 変色歯治療を行った後になります。

ページの先頭へ戻る

生熊歯科 広島県庄原市東城の歯科医院 生熊歯科HOMEへ

審美歯科かぶせ物・入れ歯インプラント訪問診療
歯のケガ・スポーツ歯学院長挨拶・スタッフ紹介医院概要・地図

〒729- 5121 広島県庄原市東城町川東1429-1 TEL 08477-2-3283

COPYRIGHT(C) 生熊歯科 ALL RIGHTS RESERVED.